本当に頼んで良かった浮気調査会社@東京~神奈川(横浜)
信頼できた浮気調査会社を紹介します@東京~神奈川(横浜)

あがってきた報告書はというと…

数日にわたった浮気調査の結果、あがってきた報告書の内容を紹介します。また、法的に有効な報告書について解説します。

内容が充実していた浮気調査報告書

浮気調査が終わると、しばらくして報告書があがってきました。

そこには、調査を行った日時、対象者となる夫と浮気相手の名前、住所、勤務先、勤務先住所などが詳しく記載されていました。

浮気相手は、夫と同じ会社で働く女性。

会社を出た夫の様子、会社から離れたところで女性と落ち合う夫の様子、二人で高そうな飲食店に入っていく様子、そしてラブホテルを出入りする様子…すべて写真つきで掲載されていたのです。

ホテルから出た後、今度は不倫相手の女性を追尾した内容が載っていました。女性は会社近くのアパートに一人暮らしをしていたようです。

休日の調査では、夫が「ゴルフに出かける」と言って外出した日、浮気相手の自宅に向かい、約6時間ものあいだ、二人の時間を過ごしていました。

私はあがってきた報告書を見て、その時々の状況が手に取るようにわかりました。

夫の顔も、相手の顔もしっかり写っていて、「証拠をバッチリ押さえた!」と心でガッツポーズをする一方、「できれば嘘であってほしい」という思いもあったので、見たくなかった事実を突きつけられて、とてもショックを受けました。

紙の報告書のほか、映像DVDももらえます。画像もすごく鮮明で、こちらのほうが、見た時のショックは大きかったかもしれません。

ちなみに、報告書を見るときは、相当の覚悟が要ります。心して見たほうがいいですよ。

裁判所で証拠として採用されるためには

HAL探偵社の報告書には、以下の特徴があります。

・すべての画像に撮影日時が記載された証拠資料が添付されている

・調査開始時に、開始場所や調査人員を記載している

・対象者に動きがなくても、張り込み調査時の経過画像が添付されている

・対象者やその相手と思われる人物など、接触してきた人の特徴を明確に記載している

・駅などの正式名称を記載している

・電車やバスの路線名や乗車時間を記載している

・対象者やその相手の行動の、一挙手一投足を詳しく記載している

・対象者が利用した飲食店や娯楽施設の名前や住所を正確に記載している

・飲食店や娯楽施設の中でも確実に調査している

・車やバイクの車種やナンバーを正確に記載している

プロに浮気調査を依頼するのですから、その証拠も、裁判で使えるものでなければ意味がありませんよね。

裁判で証拠として提出するには「いつ、どこで、だれが、だれと、何をしたか」ということが明確でないといけないのだとか。

HAL探偵社の報告書は、この点をしっかりクリアしているので、これまでにも、多くの裁判で証拠資料として採用されているという実績があるそうです。

これなら、いざ裁判となったときでも安心ですね。

次の記事を読む
「調査後、振り返ってみて…」

この記事の関連のページ

自己紹介

神奈川県横浜市在住の専業主婦(37歳)。

東京都内に勤務する夫と、2人の子どもの4人暮らし。忙しいながらも、充実した毎日を過ごしていました。

けれども、そんな私の平穏な日常を脅かしたのが「夫の浮気」。はじめは気のせいだと思っていたのですが、気がつくと思い当たるふしがいくつも出てきました。気になることがあると何も手につかなくなってしまう性格なので、真実を知るため、夫の浮気調査を開始しました。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
▲ページトップ