本当に頼んで良かった浮気調査会社@東京~神奈川(横浜)
信頼できた浮気調査会社を紹介します@東京~神奈川(横浜)

確実な浮気の証拠をつかむには

法的にも有効な浮気や不倫の証拠、裁判では使えない証拠など、不貞の証拠をおさえる上で必要な情報をまとめています。

浮気や不倫を法的に立証するための証拠とは

パートナーが浮気をしているかもしれないという疑いをもったとき、あなたはどうしますか?

そのまま見て見ないふりをする?

浮気(不倫)イメージ一度や二度の浮気なら許すという懐が深い人や、浮気性が改善されないパートナーに半ば諦めモードの人なら、それで良いのかもしれません。でも、自分だけがヤキモキ、モヤモヤした気持ちにさせられるなんて、すごく損した気分になりませんか?

もし仮にそうなった場合、あなたが浮気相手から慰謝料を貰うのは当然の権利なんです。

浮気なんて絶対に許さない!離婚だ!という人もいるかもしれません。

でも、相手の浮気を立証することができれば、裁判を優位に進めることができますし、慰謝料だってしっかり請求できるんです。

浮気相手に慰謝料を請求したり、離婚裁判を優位に進めるためには、浮気の証拠が必要です。

けれども、どんなものでも証拠になるかというと、そうではないんです。ですから、浮気の証拠を押さえるために知っておくべきポイントを紹介します。

ホテルへの出入りは3回以上

1回でも不貞行為は不貞行為ですが、慰謝料を請求したり、浮気を理由に離婚判決を得る場合などは、不倫の継続性を示す証拠が必要になります。ですから、ホテルの出入りの写真や映像は、1回だけではなく3回以上行われたという証拠がほしいものです。

ホテルの滞在時間は40分以上

ホテルに入ったとしても、滞在時間があまりに短いと、肉体関係を証明しにくいといわれています。最低でも、40分は滞在していたという事実が必要です。

相手の家への出入りは5回以上

ホテルの場合は肉体関係を目的としているのがわかりやすいのですが、自宅の場合はそれが証明しづらいため、関係の親密性を明らかにするためには、5回以上の出入りがあることが望ましいとされています。

裁判で証拠として採用されないものとは

逆に、押さえていても、裁判で使えない証拠というものもあります。

メールやLINEのやりとり

パートナーのメールを見て、浮気を確信したという人も少なくないとは思いますが、実は、これは裁判では浮気の証拠としては使えないのです。それは、どんなに親密性を伺わせる内容だったとしても、肉体関係があるとは証明できないからです。

ツーショット写真

手をつないでいても、肩を組んでいても、キスをしていても、その写真は肉体関係を証明する証拠にはなりません。性行為の写真であれば、もちろん不貞行為の証拠になりますが…。

裁判で使える証拠を押さえるというのは、意外と難しいものです。ホテルや相手宅へ出入りしている写真を撮るためには、尾行をしなければなりません。でも、感情的になってしまう上に、素人である身内の尾行成功率はものすごく低いんです。

浮気調査をしていることがバレてしまうと、相手は証拠の隠滅を図るので、証拠をつかむことが難しくなってしまいます。

そうなる前に、浮気や不倫の証拠をつかむためには、プロの手を借りることが賢明です。

この記事の関連のページ

自己紹介

神奈川県横浜市在住の専業主婦(37歳)。

東京都内に勤務する夫と、2人の子どもの4人暮らし。忙しいながらも、充実した毎日を過ごしていました。

けれども、そんな私の平穏な日常を脅かしたのが「夫の浮気」。はじめは気のせいだと思っていたのですが、気がつくと思い当たるふしがいくつも出てきました。気になることがあると何も手につかなくなってしまう性格なので、真実を知るため、夫の浮気調査を開始しました。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。
▲ページトップ